よっちのホームページ yocchi'sHomePage
News自己紹介->Profil
 
  酔っぱらっているよっち
プロフィール
氏名    :見田儀尚
生年月日:昭和27年生まれ
出身   :新潟県新発田市
血液   :A型
家族   :自宅 新潟
       妻    〃
       長男 宮城
       長女 新潟
       二男 青森

航空学生時代九州研修にて

昭和 46年 新発田高校卒業
  同 年   航空自衛隊へ入隊
        航空学生27期                        
      一番の宝物。
   74-Bのオリジナルワッペン

よっちのウイングマーク
49年 ウイングマーク取得
50年 小牧 8飛行隊(F86F)
     
52年 結婚
53年 千歳 203飛行隊(F104)
     
54年  長男誕生
56年 静浜 2飛教隊(T−3)
     
同年  長女誕生
58年 那覇 207飛行隊(F104)
     



平成3年7月 22飛行隊での
ラストフライト
60年 松島 22飛行隊(T−2)
     
63年 次男誕生

 北島三郎氏にUF-104(無人機)に
ついて説明しているところ。
 たぶん「この翼の先端は、
鉛筆を削ることが出来ます。」
と前縁を触りながら説明している。
3年 岐阜 飛実団飛行隊
4年 硫黄島 UF飛行隊(UF104)                                             
 
  

6年 松島 4空団司令部(安全班勤務)

  

4空団最後のフライト


家族とともに


恒例のラストフライト後のみずかけ



1空団最後のフライト(14.3.20)




学生から恒例のみずをかけられた。


定年退職(19.4.26)
7年  松島 4空団飛行群本部
    

9年 浜松 教育集団司令部計画部
   
12年4月 浜松 第1航空団 32飛行隊長   

14年3月25日 市ヶ谷 情報本部

15年8月1日 松島 第4航空団司令部 監理部長

17年12月1日 中部航空方面隊司令部防衛部 航空連絡官 朝霞駐屯地 

  F−86、F−104のファイターパイロットを経験し、その後、第1初級操縦課程(T−3)の教官及び戦闘機操縦課程(T−2)の教官パイロットとして多くの学生を育てた。
 平成3年から、硫黄島にて、無人機(UF−104)の運用試験にかかわる。
  平成6年から、管理操縦者として一線から離れ、司令部幕僚として活動
 12年4月浜松 久しぶりに教官へバックオン
 14年3月 市ヶ谷   管理操縦者
 15年8月 松島勤務   同上
 17年12月 朝霞駐屯地 同上

19年2月 新潟救難隊付 
 定年後は新潟に住むことにする。親兄弟の住む田舎がいいということで、新潟に帰ることになる。

19年4月26日 定年退官
 定年を大きな事故にもあわず、無事に定年を迎えたことは、感無量である。

19年6月末 宮城県から新潟県に引越し

19年7月 損害保険会社に就職

現在に至る



私の好きな詩
「雨にも負けず」 宮沢賢治

 雨にもけず 
  
にもけず
   雪にもさにもけぬ
    丈夫をもち 

 欲はなく
  決して瞋らず
    いつも静かに笑っている

 一日玄米四合味噌と少しの野菜
 あらゆることを自分勘定に入れずに

 良
見聞きしり 
  そしてれず

 野原の松の林の蔭の小さな萱ぶき小屋にいて

 東病気の子供あれば
   行って看病してやり
  西に疲れたあれば
   行ってそのの束を

 南
にそうな人あれば
  行ってがらなくてもいいと言い

 喧嘩訴訟があれば
   つまらないからめろと言い

 日照りの時はを流し
   寒さの夏はオロオロ歩
   みんなにデクノボウと呼ばれ
    ほめられもせず
     苦にもされず

 そういう者
   私はなりたい