よっちのホームページ yocchi'sHomePage
NewsHome->->東京散歩(本郷、神田)

中央常磐東海同期紀州糸魚長浜鎌倉家康那覇横浜函館常滑徒歩八高房総連休新宿台場横浜柴又湯島隅田早稲|本郷|靖国広尾品川山陰磐越深川千鳥浅草根津亀戸石神代官四谷茗荷原宿中野浦安北@北A北B北C北D赤塚

東京散歩(本郷、神田)(14.9.23)



本郷は、樋口一葉、坪内逍遥、石川啄木ら多くの文人たちが住んでいた。
今日は、本郷から神田まで散歩したい。

総武線水道橋駅下車


東京ドーム前陸橋通過






春日駅から真砂町市場の脇を抜ける。


栗が落ちていた。

         鐙坂(あぶみざか)
 本郷台地から菊坂の狭い谷に向かって下り、先端が右に
ゆるく曲がっている坂である。名前の由来は「鐙の製作者
の子孫が住んでいたから」(『江戸志』)とか、その形が「鐙
に似ている」ということから名付けられた(「改撰江戸志」)な
どといわれている。
 この坂の上の一帯は上州高崎藩主大河内家松平右京
亮の中屋敷で、その跡地は右京山と呼ばれた。

    文京区教育委員会  平成6年3月

鐙坂を下って右に折れると菊水湯がある。




           宮沢賢治旧居跡
                         文京区本郷4-35-4
  宮沢賢治(明治29年〜昭和8年)は詩人・童話作家。花巻市生まれ。
大正10年1月上京、同年8月まで本郷菊坂町75番地稲垣方二階六畳に
間借りしていた。菜食主義者で馬鈴薯と水の食事が多かった。
  東京大学赤門前の文信社(現大学堂メガネ店)で謄写版刷りの筆耕や
校正などで自活し昼休みには街頭で日蓮宗の布教活動をした。これらの活
動と平行して童話・詩歌の創作に専念し、一日300枚の割合で原稿を書い
たといわれている。童話集「注文の多い料理店」に収められた「かしわばや
しの夜」、「どんぐりと山猫」などの主な作品はここでかかれたものである。
  8月、妹トシの肺炎の悪化の知らせで急ぎ花巻に帰ることになったが、ト
ランクにはいっぱいになるほど原稿が入っていたという。

        −−−郷土愛をはぐくむ文化財−−−
             文京区教育委員会   平成9年3月


菊水湯の門から菊坂へ上がると一葉旧居跡の表示がある。








炭団坂を上る。
坪内逍遥が住んだ跡がこの辺あるという。


文京ふるさと歴史館。
入館料100円。









本妙寺坂から急坂を登って左折、突き当
りのところに、菊富士ホテルの跡がある。
ホテルといっても洋風の高級下宿。
正宗白鳥、谷崎潤一郎、竹久夢二などが暮らした。






     一葉ゆかりの伊勢屋質店(本郷5-9-4)
 万延元年(1860)、この地で創業し、昭和57年に廃業した。樋口一葉(1872〜96)
と大変縁の深い質店であった。
 一葉の作品によると、一葉が明治23年m近くの旧菊坂町(現本郷4丁目)の貸家に母
と妹と移り住んでから、度々この伊勢屋に通い、苦しい家計をやりくりした。明治26年、
下谷竜泉寺町に移ってからも、終焉の地(現西片1−17−18)にもどってからも、伊勢
屋との縁は続いた。
 一葉が24歳の若さで亡くなった時、伊勢屋の主人が香典を持って弔ったことは、一葉
とのつながりの深さを物語る。店の部分は、明治40年に改築した。土蔵は外壁を関東
大震災後塗りなおしたが、内部は往時のままである。

    〜一葉の明治26年5月2日の日記から〜
  此月も伊せ屋がもとにはしらねば事たらず、小袖四つ、
  羽織二つ、一風呂敷につゝみて、母君と我と持ゆかんとす。
  蔵のうちにはるかくれ行ころもがへ

       郷土愛をはぐくむ文化財
     東京都文京区教育委員会  昭和63年3月




元伊勢屋質店を過ぎて、右手の胸突坂を登ると旧台町。
明治以降は町の大半が旅館や旅籠であった。
鳳明館は今も当時の建物を残している。


太栄館は1908年石川啄木が9ヶ月住んだ。
「倒潰の児島の磯の白砂に
われ泣き濡れて蟹とたはむる」


徳田秋声旧宅


本郷館。
本郷きっての高級下宿で東大に通う留学生や
地方の資産家の子息が下宿した。




東大正門から校内へ。








弥生門に抜ける。


立原道造記念館、弥生美術館、竹久夢二美術館を見学。
同じ建物にある店でオムレツを頂く。





また東大校内の三四郎池を散策。


東大赤門。


御茶ノ水駅をすぎて、明治大学あり。


神田神保町古書店街。
本屋さんがたくさんあり。
いっぺんに好きになる。







今日はこれまで。