よっちのホームページ yocchi'sHomePage
NewsHome->俳句->今月の句
作り方│今月俳句│歳時記 @ A B C D E F G H I J K│過去log@ A B C D
     10月の作成句及び投稿句の選句をおこないます。メールで募集します。
     メール要領は下記のとおり。
        @ 自分が作成した句以外を5題選び書く。
        A その中で一番いいと思うものに○をつける。
        B 選句した句に選者名を○○選としてつける。
        C 期限は11月18日(月)とします。
        D 集計を終えたところでこのページで発表します。
       例
        よっち選
          
「秋空に 遠き吾が子へ 思い馳せ 空の彼方に 一筋の雲」
        ○
「稲刈りの 汗を拭えば 空高し」
          
「こわごわと 土を探りて 甘藷堀り」 
        コメントがあれば、お書き下さい。
                     
10月の選句結果

kazu選

   秋風に星は見たいし君恋し(時の旅人)
   秋の日を何もせずにぶらりぶら(よっち)
   すでにはや熟れ過ぎたるアケビかな(よっち)
 ○新しき命を育み木の実落つ(よっち)
   行秋や風邪を捕らえて咳一つ(よっち)

   〜選句によせて〜
 ・「秋風に・・・」<君>は、側にいるのでしょうか?もし、いると
 したら、美しい星を心ゆくまで観たいという気持ちと、君を側で
 感じていたい気持ちとに揺れ動く。ふと吹く秋風のなかの微笑
 ましい葛藤を連想させる句です。
 ・「秋の日を・・・」すっきりと晴れ上がった秋の一日。頭の中を
 空っぽにして、気の赴くまま過ごす。忙しい中にあっては、必要
 な<ぶらりぶら>ですね。この<ぶらりぶら>という言い回しが、
 この句を軽やかにしていると思います。
 ・「すでにはや・・・」アケビの丁度良いころを採ることを、何日も
 楽しみにしていたのに・・・と、熟れすぎたアケビを目の前にして
 少々がっかりしている?!作者の顔が目に浮かびます。
 ・「新しき・・・」落ちた木の実をただの実りと捉えずに、<新しき
 命>と捉えている点に、強くこころをひかれ、○をいただきました。
 ・「行秋や・・・」この句には、作者の俳諧味を読み取ることのでき
 る句だと思います。<行く>と<捕らえる>の反対の動きをする
 ことばを対照的に遣っているところも、面白いと思います。
 ・この他、アヒルさんの「黄金に・・・」の句も、面白いと思いました。

12月の作成句
「板の間の尻からあがる寒かな」
「冬枯れや灯油を買いて台車引く」
「初雪の都会を覆う白無垢かな」
「風呂吹のどこがおいしとむずる子や」





今月の投稿句
「梟に 似て一徹の 男かな」すみ
「浮寝鳥 ゆらりゆらりと のどかかな」すみ
「初雪か、家路急ぐや、サラリ-マン」アヒル
「人の数、違い感じる、寒さかな」アヒル
「冬枯れに、雪の衣を、はおりけり」アヒル
「冬空を 美しと思えり 航空祭」kazu
「宴にて おし頂きて 河豚を食む」kazu
「降誕の その日に閉店 老舗百貨店」kazu
「街には 聖夜の意味知らぬ 若者あふる」kazu
「師走だと そのことばに 急かされて」kazu

11月の作成句
「あそこまで歩いてゆかん初時雨」
「野も山も虹を背にして初時雨」

今月の投稿句
「秋雨に冬の足音せまり来る」時の旅人
「夜の道、明かりみつけて、気なごます」アヒル
「空きっ腹 かかえて眺める 吊るし柿」まる吉
「ゆきぐにに 初恋の人 会わずとも」ズコ
「色づきし 桜葉もまた 花なりし」kazu
「この年は 急ぎ足で 冬めきて」kazu
「小春日に うつらうつらと 船をこぐ」kazu
10月の作成句
「秋の日を何もせずにぶらりぶら」
「秋風の一晩吹きて晴れわたる」
「秋の雨やむのを待つてむべさがし」
「硫黄島おおしめじ食べあたりけり」
「新米や親の便りが届きけり」
「新酒手に遊びに行くや友の家」
「笠の上烏が止まる案山子かな」
「のんびりと後ろ見渡す田鴫かな」
「渡り鳥我も誘わる旅心」
「椋鳥や一斉に飛ぶ賑やかさ」
「柿もぎや竹竿先の青い空」
「すでにはや熟れ過ぎたるアケビかな」
「幟あり夜店はなきや秋祭」
「今日もまた東京散歩菊日和」
「朝寒や一番電車の音届く」
「招き人笑顔うれしや夷講」
「茹であげてざるにひろげし薩摩芋」
「新しき命を育み木の実落つ」
「稲刈や日が落ちすぐに暗くなる」
「時期もののマロングラッセ買い走り」
「山登り広がる空と紅葉かな」
<麻布の安藤記念教会>
「蔦紅葉色ガラスにもうつりけり」
「末枯や子は短パンで通学す」
「行秋や風邪を捕らえて咳一つ」


今月の投稿句
「黄金に輝く稲穂土色に」アヒル
「秋風に星は見たいし君恋し」時の旅人
「離れ居し 彼の人も 同じ月」kazu
「ビルの窓 ゆがみて映りし 十三夜は」kazu
   (※10月18日は、十三夜でした。
   昨年の、季題にあった記憶があり
   ますが・・・。陰暦9月13日の夜
   で、十五夜についで月が美しいと
   いわれています。のちの月とも。)
「懐かしき 学園のチャペルに 蔦紅葉」kazu
「突然に やって来たりし 夜寒かな」kazu
「末枯れし 道なき道を 歩きおり」kazu